富山大学耳鼻咽喉科頭頸部外科学教室では、新入医局員を募集しています。
耳鼻咽喉科、気管食道科、めまい、頭頸部がん、アレルギー、幼児難聴などに興味のある方を募集しています。
富山大学附属病院ではなく、他の病院での初期研修を終了された方も歓迎いたします。

研修の特徴

耳鼻咽喉科は、担当する領域が狭い診療科のように感じるかもしれませんが、実際は顔面および頸部の多彩な疾患を見る総合診療科です。聴覚、嗅覚、味覚、体のバランスをとる平衡覚などの感覚器、また音声機能や嚥下機能などの人間らしく生きていくために不可欠である器官や機能を取り扱います。頭頸部領域に生じた腫瘍の診察も行っています。

めまいや難聴といった神経疾患、鼻アレルギーなどの免疫・アレルギー疾患、嗅覚・味覚障害、上気道感染症などの薬物治療といった内科的な側面と、副鼻腔、内耳、音声の機能改善手術、先進医療に位置づけられるナビゲーション手術や人工内耳手術、舌がんや唾液腺、甲状腺などの良悪性腫瘍摘出と欠損部を補う再建手術といった外科的な側面を持ち合わせた診療科です。診断から治療まで一貫した診療を行います。

初期研修では、めまいの初期対応、緊急気道確保や気管切開のコツ、気道カニューレの交換法など他科に進んでも役立つテクニックを習得することができます。また、将来耳鼻咽喉科を目指す研修医には、頭頸部手術の助手として解剖的なこと、神経機能温存など専門的な研修も提供します。

キャリアパスの例 (診療科 耳鼻咽喉科 男性/女性)
201*                        
卒後 0年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年 11年 12年 13年以降
学業、学生研修医 初期臨床研修は原則大学病院 (後期)研修入局/大学院は6年目から大学病院または基幹病院でローテート 基幹病院で研修を続ける。大学でスタッフとして働く(研究も同時に行う)。耳鼻咽喉科一般の研修を積みながら、専門領域を作る。 9年以降各専門医取得を目指す。留学(内地、外国)する。
十分な研修を積んだ後、関連病院への就職や開業。
臨床に関して 富山県の耳鼻咽喉科医療に貢献できる能力を備えた人材育成のために、大学耳鼻咽喉科が研修内容に責任をもって下記研修を行う。
初期研修(2年間):耳鼻咽喉科医になる基礎作りとして、耳鼻咽喉科を含め、麻酔科、内科、救急などの研修を行う。
後期研修(3年間):耳鼻咽喉科専門医取得を目指して基幹病院を中心に研修。地域病院で研修。
シニアレジデント(3年間):大学、基幹病院、地域病院で研修し、さらに高度な専門医取得を目指す。
キャリアアップ(9年目以降):将来の希望に合わせて自信の専門分野を選択し、耳鼻咽喉科の指導医として後輩の指導にあたる。
認定医/専門医 耳鼻咽喉科専門医(4年間の研修)、その後に各分野の専門医*(研修要項はそれぞれ異なる)
*日本めまい平衡医学会専門会員、癌治療認定医、アレルギー学会専門医など
研究/学位 学位を取る方法(大学院/臨床研究/その他)
卒後6年目以降に大学院生となり研究終了後に取得。
大学病院スタッフとして働きながら、臨床研究(所定の手続きの後)を行い、論文博士として取得。
地域 富山 大学医局/県内病院ローテート/県外病院ローテート/常勤医
関連病院(県内) 基幹病院:大学病院、富山赤十字病院
地域病院:済生会富山病院、済生会高岡病院、社会保険高岡病院、厚生連滑川病院、あさひ総合病院、富山協立病院、八尾総合病院、不二越病院、藤木病院、かみいち総合病院、おおやま病院、富山県高志リハビリテーション病院
関連病院(県外)海外、
その他
厚生連上越総合病院、厚生連糸魚川総合病院、厚生連けいなん総合病院、厚生連久美愛厚生病院、飛騨市民病院
その他のキャリア、
Work-Life
Balance
結婚、出産、病気などの場合には、富山大学耳鼻咽喉科が人員配置については責任をもって調整を行う。長期離職後には、富山大学耳鼻咽喉科が責任をもって再研修を行い、スムーズな職場復帰をサポートする。