診療内容について

診察内容

教室は開学以来、一貫してメニエール病を中心としためまい疾患の診断や治療に力を入れています。めまいを主訴に初診で来院された方は問診や検査の後、診察を受けていただき必要に応じ電気眼振図を中心とした平衡機能検査、MRIなどを施行しめまいの原因疾患につき診断し適切な治療にあたります。診断や治療については日本めまい平衡医学会で認定された専門会員が主にあたります。できるだけ当科で終結できるようにしておりますが、中枢性めまいについては必要に応じ神経内科や脳神経外科に紹介の上精査加療をお願いすることもあります。以下の疾患につき主に対応しております。

1.メニエール病

水腫(内リンパ液が過剰にたまる状態)が生じることによりめまいや難聴を繰りかえす病気です。メニエール病に対しては本学開学以来全国でも有数の診断治療を行っており、診断については通常の聴力検査や平衡機能検査に加え、内リンパ水腫推定検査を施行し正確な診断に努めています。内リンパ水腫推定検査は全国でも施行できる施設が限られているため富山県内だけでなく県外からも紹介が来ています。治療については、利尿剤や漢方を主とした内服治療に加え、中耳加圧治療も施行しております。中耳加圧療法については日本で当科が初めて導入した治療法であり、これを導入することによって従来手術治療を選択せざるを得なかった患者さまに手術を施行せず治療を行うことができるようになりました。今後は新たな加圧治療の機械を開発しさらなる普及に努める予定です。

2.頭位性めまい症

なでしこジャパンの某選手がこのめまいに罹患したことで知名度が上がっためまいです。めまいの中で最も多いとされています。三半規管の中に脱落した耳石により生じるめまいですが、赤外線CCDカメラを用いて左右、前後外側半規管のいずれが責任病巣であるかを正確に診断し、適合した頭位治療を施行するように努めています。

3.前庭神経炎

耳と脳をつなぐ神経に障害が生じることにより、急激に激しい回転性めまいを生じる病気です。原因としてはウイルス感染が考えられているものの未だ不明な点が多いのですが救急外来でよく来院されます。当科では救急外来でのめまい対応も随時受け入れておりますが、前庭神経炎についても正確な診断を行い、ステロイド治療やリハビリ治療を積極的に行っております。

4.外リンパ瘻

内耳にある外リンパ液という液体が圧の変化や外傷などにより中耳に漏れ出して激しい回転性めまいや難聴を引き起こす病気です。原因がはっきりしない場合には安静の上ステロイド治療を施行して経過観察しますが、場合によって手術治療も施行しています。

5.めまいを伴う突発性難聴

突然に一側の聴力低下を生じ、原因が不明である突発性難聴ですが、時にめまいを伴います。めまいを伴う突発性難聴は難聴そのものが治癒しづらく、メニエール病に移行することがあることが知られています。当科では過去の解析よりメニエール病に移行しやすい突発性難聴例を早期に予測し、適切な対応を心がけています。また、突発性難聴については積極的にステロイド+循環改善剤を使用した治療を施行しています。

6.その他のめまい

片頭痛に関連するめまい、神経血管圧迫症候群などの新たな概念のめまいから脳梗塞・脳腫瘍・脊髄小脳変性症などの中枢性めまいまで他科と連携しながら広く対応しております。

以上のように、めまいについては全国でも有数の水準を有しております。
可能であれば紹介状を持参していただければ幸いですが、紹介状をお持ちでなくても対応いたします。

めまい疾患に対する専門医

將積 日出夫
日本めまい平衡医学会専門会員、めまい相談医
外来日:火曜
中川 肇
(経営企画情報部) 日本めまい平衡医学会専門会員、めまい相談医
外来日:水曜
浅井 正嗣
日本めまい平衡医学会専門会員、めまい相談医
外来日:水曜
坪田 雅仁
日本めまい平衡医学会専門会員、めまい相談医
外来日:火曜、木曜