診療内容について

診察内容

中耳疾患 慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、癒着性中耳炎、滲出性中耳炎、耳小骨奇形、耳硬化症、コレステリン肉芽腫、
グロームス腫瘍など、さまざまな中耳の病気の治療を行います。
難 聴 突発性難聴、メニエール病、音響外傷、遅発性内リンパ水腫、ムンプス難聴、外リンパ瘻、聴神経腫瘍など、
主に内耳や聴神経が原因で起こる難聴の診断、治療を行います。

耳の構造について

耳の構造は大きく分けて外耳、中耳、内耳の3つの部分に分けられます。外耳は外から見える耳介と外耳道と言われる耳の穴から構成されており、音を集める効果があります。その奥には鼓膜があり、鼓膜の裏側の空間が中耳となります。中耳には耳小骨と呼ばれる身体の中でも最も小さな3つの骨があり、鼓膜からの振動を内耳に伝えます。内耳は「蝸牛」と呼ばれるカタツムリのような形の聴覚(聞こえ)を司る器官と、「三半規管・前庭」と呼ばれる平衡覚(体のバランス)を司る器官に分けられます。この中はリンパ液で満たされており、耳小骨を伝わってきた振動はここで液体の波に変化します。リンパ液の上には波を感じ取る神経細胞があり、ここで波を電気信号に変化させて脳へその信号を伝える仕組みになっています。また、耳の中には顔を動かす神経(顔面神経)や味を感じる神経(鼓索神経)が走っており、脳や大きな血管(内頚動脈やS状静脈洞など)とも接していて、多くの重要な器官が集まっている場所です。

中耳の病気

中耳の病気で鼓膜が破れたり、耳小骨が破壊・固着が起こると、音が蝸牛まで伝わらなくなり聞こえが悪くなります。慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎などでは、耳だれが頻繁に出たり、内耳に影響が及ぶと難聴に加え、めまいを起こすこともあります。また、炎症が重症化すると、顔面神経麻痺や味覚麻痺、血栓症や頭蓋内への感染などを引き起こす可能性もあります。

当科では、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎、耳小骨奇形などの中耳疾患に対して、病変除去、聴力改善のために鼓室形成術・鼓膜形成術などの手術治療を行っています。鼓膜にあいた穴を閉鎖する鼓膜形成術では、状況によっては局所麻酔での手術も可能であり、患者様のご希望に応じて対応いたします。

難聴・耳鳴

蝸牛、聴神経の障害によって生じる難聴は、感音難聴といい、突発性難聴、メニエール病、音響外傷、遅発性内リンパ水腫、ムンプス難聴、外リンパ瘻、聴神経腫瘍など様々な原因疾患があります。急激に感音難聴が発症した場合には、早急に(2週間できれば1週間以内)にステロイド剤や内耳循環改善剤などの内服・点滴加療を行う必要があります。それと同時に、原因疾患の解明も必要です。当科では、大学病院ならではの多彩な検査を行い患者様の難聴の原因、病状、程度などを正確に評価することが可能です。通常の聴力検査に加え、精密聴力検査、耳音響放射、聴性脳幹反応、聴性定常反応、チンパノメトリー、蝸電図検査などの専門性の高い聴力検査も可能です。
すでに進行してしまった難聴に対しては、残念ながら薬物治療では改善しない場合があります。難聴に伴うコミュニケーション障害を改善するためには、補聴器を用いて音を大きく増幅し、耳に入れてあげる必要があります。当科では、精密聴力検査を行い患者様の聞こえの状態を正確に評価した上で、適切な補聴器を選定・調整いたします。補聴器を用いてもコミュニケーションがとれないほど重度の難聴の患者様には、人工内耳という治療手段も提示することが可能です。
難聴の患者様の不快な症状の一つとして耳鳴があります。当科では耳鳴の原因検索を行った上で、カウンセリング、薬物治療に加え、音響療法(TRT:Tinnitus retraining treatment)も行っております。