診療内容について

診察内容

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)の診断、加療をおこなっています。睡眠時無呼吸症候群とは眠っている間に10秒以上の呼吸停止を繰り返す病態をいいます。種々の原因によって、睡眠時無呼吸症候群は生じますが、当科外来ではその検査、診断、加療を行っております。

睡眠時無呼吸症候群の症状

日中や車の運転中の眠気、疲労感、熟睡感が得られない、頭痛、集中力の低下など多岐にわたります。また長期にわたり未治療でいると、高血圧、心疾患、脳血管障害等を引き起こすと言われています。自覚症状を認めないケースも多く、ご家族、知人から夜間のいびき、無呼吸を指摘され、受診される患者様も多いです。

診療の流れ

まずいつから症状を認めているのか、具体的な症状、体重の変化などを問診させていただきます。実際の診療では、空気の通り道である上気道(鼻からのどにかけて)に形態的な異常はないか、閉塞性病変は認めないか、などを診察させていただきます。その際には鼻からのどにかけて細いカメラを挿入(鼻腔、咽喉頭ファイバー検査)したり、鼻、のどのレントゲン写真を撮影します。一連の問診、診察後に終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査:Polysomnography)をおこないます。

睡眠時無呼吸症候群の治療

アデノイド増殖症や口蓋扁桃肥大がいびき・無呼吸の原因になっている場合には手術療法(アデノイド切除術、口蓋扁桃摘出術)を行っています。また当院の歯科口腔外科と連携しつつ治療用のマウスピースを作製したり、経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP:Continuous Positive Airway Pressure)を行っています。